コンサルタントの事件簿

心に湧き起こる感情や直感を重視する






プロデュースは、自分の感情や直感、ひらめきを積極的に肯定して構想を進めていくものである。
自分を肯定し、自分がやりたいことを追求する。自分を生かしてできること、自分が納得できること、自分が楽しいと思い、喜びを感じられることをイメージする。それを自分だけでなく周囲にとっての価値に転換する方法を考える。
このことが重要なのである。
ロジカルに考えるのは望ましいし、人を説得するために役立つ参考データが豊富にあるのも、もちろん望ましい。
だが、それが思考のはじめにある必要はない。
自分を肯定し、感情や直感もプロデュースを進めるための思考の重要な一部と考え、まずは「自分本位に」構想を進めるというプロセスは、一見、独善的にみえるかもしれない。だが、それはプロデュースにとっては非常に重要なプロセスなのである。
プロデュースには、人を説得する際、なぜそれが有効なのか、必要なのかという点で論理的に説明しきれない点が残るものだ。
プロデュースは、何かをやりたい人間の情熱、気持ちの強さが、重要な説得材料となる。ビジョンの魅力や実現性、信用度もそこから生まれる。
もともと、本人の高いモチベーションがなければ構想自体が生まれない。
「自分の思いに従って自分ができるプロデュースをやり、自分の所属する会社やお客さまや社会に役立つように着地させていけばいい。だから、まずは一歩を踏み出そう」と考えるのが、プロデュース思考である。
自分の「個人的なこだわり」や「偏った部分」、精神的なトラウマが背景にあるような「屈折した部分」さえ、否定する必要はない。
自分を生かし、自分がエネルギーを燃やしてやりたいことを実現する方法を、自由に考えていけばいい。
だが、最後まで自分本位では、自分のやりたいことは実現しない。
他者の力を借りなくては、プロデュースは進まないのである。
誰の力を借りるのかを考え、プロジェクトへの参加、資金協力、情報提供など、協力の形態にあわせて相手を説得する方法を考えなくてはいけない。
また、プロデュースに参加する協力者一人ひとりの能力を尊重し、生かしきる方法を考えなくてはいけない。
プロデュースに最適な環境、道具だてを考えることも重要だ。
どんな場所を拠点にし、集まる部屋のつくりをどうすればやる気が出るか、どんなツールを使うと快適か、といったことである。
なぜなら、プロデュースに参加する人は、やはり、自分がそこに参加する意味、協力する意味を感じ、おもしろいと思い、何かの役に立つと思い、自分を最大限に生かせると思えるからこそ、エネルギーを注力し、すごい力を発揮するからだ。
チーム全体のモチベーションをつくりだすには、プロデュースに参加する人たちがどういう感情を持つかということに想像力を働かせることが非常に重要なのである。