コンサルタントの事件簿

デジタルハリウッドで、アナログ授業

デジタルハリウッド大学大学院で、「プロデュース能力開発演習」という授業を担当するようになってから7年が経つ。 この授業は、大学院に入学したみなさんが、最初に受ける授業だ。 「デジタル」が名前についている学校だが、授業の前半は、アナログに、紙のノートを使って手書きしながら、プロデュースの基本を学んでもらう。 自分の中にある思いを魅力的に表出できるようにし、それが世の中のニーズや誰かの幸せにどう結びついていくかを、考えていく。 つまりins […]

続きを読む

「なぜ」は、幸せをうみだす問い

目の前に「問い」があると、ひとは答えたくなる。だから考える。 そして、納得できる答えを探し出すために、自分と向き合うことになる。 答えは、すぐには出ないかもしれない。しかし、「問い」がある限り、いったん忘れていても、じつは頭のどこかで考えつづけている。だから、ふとした拍子に、これだ、とひらめいたりする。 「問い」にはいろいろあるが、ひとの意識を深層に向かわせる問いといえば、「なぜ、〜なんだろうか?」という問いだろう。 なぜ、私は彼女のこ […]

続きを読む

幸せなビジネスパーソンをうみだすカギは、i to B

 現代を生きるビジネスパーソンは、どうしたら幸せな人生をきりひらくことができるだろうか? そして、自分を生かした仕事をして、人を幸せにすることができるだろうか?  この、とても重要な問いの答えは、ずばり、i to B だと私は考える。  企業が、法人企業相手にアプローチするビジネスがB to B 、個人のユーザーにアプローチするビジネスがB to C 。  個人として、自組織であれ、お客様であれ、企業にたいしてアプローチして価値提供し、 […]

続きを読む